UQモバイル

UQモバイルのエリアは狭い?田舎(地方)で電波状況を確認してみた

投稿日:

UQモバイル(UQ mobile)を契約しようか考えているけども、「自分が住んでいる地方では電波が繋がるのか」、「田舎で格安SIMは繋がらないのでは?」と心配な人も少なくありません。

都内ではもちろん簡単に繋がるUQモバイルですが、果たして都心から離れた場所で使うと電波状態はどうなっているのか。

そこで本記事では、UQモバイルが使えるエリアは狭いのか、地方で実際に使っている筆者の電波状況や通信速度をご紹介します。

UQモバイルのエリアは本当に狭いのか?

ネット上の書き込みやTwitterなどを見ていると、UQモバイルに対して次のようなコメントがちらほら見られます。

  • UQモバイルはUQ WiMAXと同じ回線を使っているから繋がりにくい
  • 室内だとWiMAXみたいに電波が悪くなるのでは?
  • UQモバイルだと3G回線が使えないから対応エリアが狭いと聞いた

これらは、真実もありますが、間違った知識の噂もあります。その辺りを徹底的に解説していきます。

UQモバイル ≠ UQ WiMAXではない

UQモバイルは、UQ Communicationsが提供しているサービスですが、WiMAX2+回線を使っているわけではないので、WiMAXとは別物の回線となります。

UQ Communicationsの公式ホームページでは、「スマホでもWiMAX」というキャッチコピーを打っているので、「UQモバイルってWiMAX回線なの?」と勘違いしてしまう人もいます。

しかし、現実は全くの別物で、UQモバイルは「auの回線」を利用しています。

つまり、UQモバイルではauと同じエリアのネットワークが使えるので、エリアが狭いという事は決してありません。ただし、auの回線を使っていると言っても、利用しているのは一部となります。

UQモバイルはauの4G/LTEのみ対応!3G回線はないけど問題なし

UQモバイルでは、auの4G/LTEのみ使えます。ですが、3G回線がなくてもauの場合全く問題ありません。

一般的に4G/LTE回線と言えば、「高速データ通信ができる電波」と思われています。

そのため、データ通信専用の電波だから電話をするなら3G回線を使わないといけないというのが一昔前の常識でした。

UQモバイルはauの3G回線を使っていません。かと言って他の3G回線を使っているかと言われると利用していません。そういった事情から、「UQモバイルでは音声通話はどうやって行っているんだろう」と思う人も少なからずおります。

ですが、3G回線が無くても電話は可能です。auの4G/LTE回線を使った「VoLTE」という通話方式をUQモバイルでは採用しています。

4G/LTEにさえ繋がっていれば電話ができるようになっているので、3G回線がなくても大丈夫なのです。

でも通信エリアは3G回線のほうが広いって聞くし、結果的にエリアは狭くなっちゃうんじゃ…?
その辺りは大丈夫だぞ。人口カバー率は3G以上になっているんだ。

3G回線のほうが通信エリアが広いのは本当か?

少し前までは、4G/LTE回線よりも3G回線のほうがエリアが広いのは当たり前の認識でした。しかし昨今では、4G/LTEのエリア拡大も十分になってきており、auの場合人口カバー率が99%になったと発表しています。

実際にauのサービスエリアマップで、4G/LTEと3Gのカバーエリアを見ればわかりやすいかと思います。

上記は、東北地方でのauの4G/LTEおよび3G回線の対応エリアです。

パット見では変わらないどころか、実は既に3Gエリアよりも4G/LTEエリアのほうが若干広くなっているのです。

なので、UQモバイルで3G回線が使えなくても全く問題ありません。通話もできますし、エリアも狭くないので地方で利用することも可能になっています。

室内より屋外の方が繋がりやすく速度が速いのは本当

最後の噂として、「WiMAX回線?だから室内で繋がりにくいんじゃ」というのがありますが、とりあえず間違いとして、UQモバイルはWiMAXではないという事を先に訂正させて頂きます。

その上で、UQモバイルは室内で繋がりにくいかどうかですが、「外より繋がりにくいのは確実」と私は感じます。

auユーザーだった人はわかるかもしれませんが、自宅などで使っていると電波の繋がりが良くないと感じた人は結構いるようです。私も何年かauのスマホを使っていましたが、「ビル内などの高い建物内で電波が弱いかも」と感じていました。

これは都心、田舎関係ない事実だと思います。

室内(ビル)と屋外での通信速度結果

実際にUQモバイルで、室内と屋外の通信速度を測定してみたのがこれだ!

速度測定環境

使用端末:iPhone X
使用アプリ:スピードテスト.net
屋内:ビル6Fの窓際
屋外:ビルの外すぐ近くの道路

スピードテストアプリでの結果

有名な速度測定アプリを用い、室内と屋外で速度を測った結果が上記となります。見て分かる通り、室内と屋外では全く通信速度が違います。屋外だと驚異の約80Mbpsという数値。

この速度結果から言えるのは、「室内のほうが電波強度は確実に落ちる」ということです。

ですが、室内でもお昼の12時台に約18Mbpsの速度がでているので十分すぎます。他の格安SIMだと1Mbpsも速度がでないものがほとんどです。

auの4G/LTEプラチナバンド(800MHz)は広範囲で繋がる

UQモバイルがここまで通信速度が速い、なおかつ対応エリアが広いのは「au 4G/LTEの800MHzプラチナバンド」を利用しているからです。

一般的に700~900MHz帯をプラチナバンドと呼んでおり、800MHzもこの中に含まれています。そして、この800MHz帯は次のような特徴を持っています。

800MHz帯の特徴

  • 電波の届く範囲が広く、ビルの窓際、中心、陰でも変わらず繋がりやすい
  • 山や田舎など、基地局から遠い場所にも電波を届ける
  • 凹凸した環境に強く、障害物を避けて電波を届けてくれる

一般的に電波の周波数帯が小さければ小さいほど遠くまで届くようになっています。ただし、その分高周波数帯域よりも通信速度が劣りますが、現状そこまで大きな差を感じることはありません。

結論:UQモバイルは田舎(地方)でも電波は全く問題なし

以上の理由から、自分の住んでいる場所が田舎だからMVNOは避けていた、地方じゃ格安SIMは使えないのでは、と思っていたかも安心して使えるのがUQモバイルです。

極論を言ってしまうと、auのスマホが繋がる場所であれば、UQモバイルも間違いなく繋がるということです。日本全国を見回しても、auのスマホの電波が入らず圏外になる地方はそこまでありません。

対応エリアが広い格安SIMというだけでなく、UQモバイルは通信速度が安定して速いということや、3大キャリアと同じ感覚で使えるという点で非常に優れたMVNOだと言えます。

特にauユーザーがUQモバイルに乗り換えする場合、料金面の節約はもちろんのこと、乗り換えも簡単に済ませることができるので、今よりもっとスマホ代金を節約したいという方におすすめできます。

-UQモバイル
-,

Copyright© クチシム , 2018 All Rights Reserved.