UQモバイル

UQモバイルを海外で使うには?使用条件を徹底解説!

投稿日:

本記事では、UQモバイル(UQ mobile)を海外で使うにはどうすればいいのか、使用条件は何なのかを徹底解説しています。

海外に行く時にUQモバイルのSIMカードがそのまま使えればいいんだけど…。使えるのかな?
特定の条件をクリアしたら、UQモバイルのスマホを海外で使えるぞ。

結論:UQモバイルは一部機能だけ海外で使える

結論から先に言ってしまうと、UQモバイルのSIMカードは一部の機能だけ使えます。その機能が下記となります。

  • 音声通話による国際電話
  • SMS
残念だが、UQモバイルのSIMでは高速データ通信が出来ないようになっているぞ。

なので、海外の行く国にもよりますが、現地のプリペイドSIMカードを購入する、もしくは海外旅行用のポケットWiFiをレンタルするしかありません。

UQモバイルを海外で使うための条件

音声通話による電話、およびSMS機能だけ使えるようになっていますが、それにも使用条件があります。音声通話に関しては、下記プランが利用できません。

  • データ高速プラン
  • データ無制限プラン
  • データ高速プラン(V)
  • データ無制限プラン(V)

なお、音声通話を使用する時に別途手続きは必要ありません。UQモバイルで使っているスマホを「海外モード」にして、国際ローミングサービスを利用するだけです。

国際ローミングとは

国内で契約しているスマホを海外でも使える利用できるようにすることを「国際ローミング」と呼びます。ローミングは、roamという単語で「放浪する・ぶらつく」といった意味を持ちます。

仕組みとしては、スマホのキャリアが現地の電話会社から回線を借りて、その使用料金をキャリアに一旦預けて、キャリア経由でこちらに請求が来るようになっています。なので、一般的に国際ローミングは料金が高いということを念頭に置いておきましょう。

国際ローミングの使い方

UQモバイルで国際ローミングを使う方法ですが、これは使用している機種によって異なります。一般的には、iPhone/Androidで次のような手順で設定が可能です。

大前提として、通信事業者およびキャリアの検索方法を「自動」に設定しておく必要があります。

Android

今回は「Galaxy S9 Plus」を例に紹介します。

  1. ホーム画面から設定アプリを開く
  2. 設定画面の「接続」をタップ
  3. 「モバイルネットワーク」を開く
  4. 「データローミング」のトグルをタップしてオンにする

Androidは機種によってやり方が若干異なるので注意して下さい。

iPhone

  1. 設定アプリを開く
  2. 設定画面から、モバイル通信をタップ
  3. 通信のオプションをタップ
  4. ローミングをタップ
  5. 「音声通話とデータローミング」のトグルをタップしてオンにする

以上の手順で、iPhoneでも簡単に国際ローミングの設定ができます。

UQモバイル:海外で使う場合の料金

SMS

SMSの場合、一律で1送信ごとに「100円」の料金がかかります。なお、受信に関しては無料です。

かなり料金が高いので、できればデータ通信をしてLINEなどを使ったほうが良いでしょう。

音声通話

音声通話の料金は、滞在する国で料金が変わってきます。代表的な国の通話料金をまとめたのが下記表になります。(1分あたりの料金)

発信 着信
滞在国内 日本宛 日本以外
オーストラリア 80円 180円 280円 80円
ハワイ 120円 140円 210円 165円
グアム 80円 140円 210円 130円
韓国 50円 125円 265円 70円
タイ 70円 175円 265円 155円
シンガポール 75円 175円 265円 155円
台湾 70円 175円 265円 145円
中国 70円 175円 265円 145円
香港 70円 175円 265円 145円
マレーシア 75円 175円 265円 80円
アメリカ(本土) 120円 140円 210円 165円
イギリス 80円 180円 280円 110円
イタリア 80円 280円 280円 110円
オランダ 80円 180円 280円 110円
スペイン 80円 180円 280円 110円
ドイツ 80円 180円 280円 110円
フランス 80円 180円 280円 110円
ブラジル 80円 280円 280円 140円
うーん…。着信だけでも料金が発生するのは…ちょっと高いかな。

UQモバイルを海外で使用する時の注意点

国際ローミングできないスマホもある

UQモバイルのスマホでは、一部の機種で国際ローミング出来ない可能性があります。

国際ローミングは、UQモバイルの製品ページの「スペック」から出来るかどうかを確認することが出来ます。

SIMフリー端末に関しては、各種メーカーの製造ページから確認しましょう。

スマホの充電端子に注意

海外と日本のコンセント規格は異なります。ですので、ACアダプタタイプの充電器だと海外で利用できない可能性が高いです。

ですが、USBケーブルやType-Cケーブルなどの規格は世界で統一されているので、現地で充電器さえ購入すれば簡単にバッテリーの充電が可能です。

心配な場合は、モバイルバッテリーを持っていくことをおすすめします。

LINEなどの無料通話は使えません

LINEには無料通話機能がありますが、実はUQモバイルではデータ通信自体ができないので、LINEの音声通話を使う事ができません

LINEは全てデータ通信でやり取りをするため、メッセージは送受信できないのは既にわかっているかもしれません。そして、音声通話もネットワーク回線を使って行っている「IP電話」のようなものなので、そのせいでLINEの音声通話が使えません。

なので、海外で電話をする際は国際ローミングに頼るか、なんとかデータ通信できるようにしなければなりません。

海外でデータ通信するならレンタルポケットWiFiで

海外でもインターネットは絶対必要…何とかして使う方法はない?
そんな時は、海外用のレンタルポケットWiFiを持っていくのがベストですよ。

UQモバイルのSIMカードではデータ通信ができません。なので、現地でプリペイドSIMカードを購入してSIMフリースマホに挿して使うのが一般的。

ですが、自分のスマホがSIMフリー端末ではない場合、機種によっては海外のバンド(通信網)に対応していないこともあります。

そこで確実にインターネットを利用する方法として、「海外用のポケットWiFi」を使うのがベストです。

最近は海外用のレンタルポケットWiFiが増えてきました。有名所だと「イモトのWiFi」などがありますね。

おすすめ:海外なら「イモトのWiFi」

イモトのWiFi 特徴

  • 世界200カ国以上の国と地域をカバーしているので使いやすい
  • 海外用レンタルポケットWiFiの中では料金が安い
  • 接続が簡単!1分経たずに即インターネットを楽しめる
  • 空港受取/返却に対応!面倒な手続き一切なし

大抵の海外ポケットWiFiは、国ごとに別の会社で契約をしなければなりませんが、イモトのWiFiは200カ国以上の国に対応しているため、海外用ポケットWiFiを契約するならばここだけで事足ります。

30~60日前の早割で最大20%オフだったり、色々なキャンペーンをやっているため、ユーザー満足度は非常に高く使いやすいと評判のWiFiです。

海外でデータ通信するなら、イモトのWiFiで決まりです

契約はコチラ (イモトのWiFi公式)

UQモバイルの海外使用/まとめ

以上、UQモバイルは海外で使う事ができるのか、出来ない場合の代替案の紹介でした。

残念ながらUQモバイルでは、音声通話とSMSだけしか使えません。なので、海外でデータ通信をするならば「海外用ポケットWiFi」の利用をおすすめします。

そうすれば、SMSの代わりにLINEを使って連絡もできるので、スマホ料金の節約にも繋がります。海外でUQモバイルを使おうとしている方は、ポケットWiFiの利用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

契約はコチラ (イモトのWiFi公式)

-UQモバイル
-,

Copyright© クチシム , 2018 All Rights Reserved.