LINEモバイル

【LINEモバイル】APN設定方法を徹底解説【iPhone/Android】

投稿日:

本記事では、LINEモバイルのAPN設定方法についてドコモ回線、ソフトバンク回線それぞれに分け実機を用いて紹介しています。

LINEモバイルでは、2018年6月からソフトバンク回線も追加されました。

APN設定の方法自体は変わりませんが、なかなか繋がらない、圏外になるという方もいらっしゃるので、その原因や対処方法についても記事の最後に解説しています。

大前提!iPhone(iOS)は他のプロファイル設定を削除しておく

iPhone限定での話になりますが、LINEモバイルのプロファイルをインストールする前に、他のプロファイルを削除しておく必要があります。

プロファイルのアンインストール手順は下記となります。

設定アプリ > 一般 > プロファイル

現在iPhoneにインストールされているプロファイルが表示されます。「プロファイルを削除」をタップし、ポップアップの「削除」を選択するとプロファイルが削除されます。

プロファイルを先に削除しておくとAPN設定の作業がスムーズになるから、事前にやっておくことをおすすめするぞ。

LINEモバイル:iPhoneのAPN設定方法

iPhoneの場合、ドコモ・ソフトバンク回線関係なく同じ方法でAPNの設定が可能になっています。

動作環境

  • iPhone X
  • iOS 11.4

iPhoneの大まかな手順

  1. SIMカードをiPhoneに差し込む
  2. WiFiに接続し、APN構成プロファイルをダウンロード
  3. APN構成プロファイルをインストール
  4. パスコードの入力
  5. インストールの完了
  6. iPhoneを再起動

まずはLINEモバイルのSIMカードをiPhoneのSIMスロットに差し込みます。

SIMカードを差し込んだら、次はLINEモバイル公式サイトから構成プロファイルをダウンロード&インストールします。iPhoneの構成プロファイルのURLは下記となります。

参考【LINEモバイル】iPhoneの構成プロファイルダウンロード

iPhoneで上記リンクをタップすると、自動的に設定アプリが起動します。構成プロファイル名が「LINEモバイルAPN」となっているのを確認したら、インストールを順番に2回タップします。

最後にポップアップが表示されるので「インストール」をタップ。

これでiPhoneでLINEモバイルを使う準備が整いました。最後にiPhoneを再起動するとネットワークに繋がります。

きちんとLINEモバイルのSIMカードが認識されていたら、iPhoneの情報に「NTT DOCOMO」もしくは「Softbank」と表示されるので確認して下さい。

LINEモバイル:AndroidのAPN設定方法

Androidスマホの場合、最初からAPN設定がされている機種もあります。

動作環境

  • Android One X3
  • Android 8.0

Androidの大まかな手順

  1. SIMカードをAndroidに差し込む
  2. 設定アプリを開き、モバイルネットワークを開く
  3. APN設定画面を開く
  4. APNの設定を行い、保存する
  5. 設定したAPNを選択する
  6. Androidを再起動

まずはAndroidにLINEモバイルのSIMカードを差し込みます。

SIMカードを差し込んだらAndroidの設定アプリを開き、「ネットワークとインターネット > モバイルネットワーク > アクセスポイント名」の順番にタップしていきます。(機種によって多少名前が異なります。)

APN設定画面が表示されるので、右上の「+」ボタンを押してAPNの追加を行います。

最初からAPNが設定されていた場合、LINEモバイルのラジオアイコンをタップするだけでOKです。

APNの設定項目

  • 名前:任意(LINEモバイル など)
  • APN:line.me
  • ユーザー名:line@line
  • パスワード:line
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP
  • MCC:440
  • MNC:10(ドコモ)/20(ソフトバンク)

APNの設定が終わったら必ず右上の「保存」をタップして下さい。その後、LINEモバイルのAPNを選択します。

その後、Androidスマホを一度再起動するとすぐに繋がりますのでお試し下さい。

再起動後4G/LTEではなく3G回線となる場合、一度モバイルネットワークをオフにしてください。すぐにオンにしても大丈夫です。

LINEモバイル:APN設定しても圏外になる原因と対処法

APNの設定をしても上手く繋がらない、圏外になってしまうよくある原因について紹介していくぞ。

APN設定の入力間違い

iPhoneの場合は関係ありませんが、Androidスマホでは基本的に手動でユーザー名やAPN、パスワードを入力する必要があります。

その時によくあるのが、APN情報の入力間違いです

1つでも、1文字でも間違っていたらモバイルネットワークには繋がらないので注意して下さい。圏外となってしまう大半はこれが原因です。

LINEモバイルのバンドに非対応な機種を使っている

LINEモバイルは、ドコモ回線、ソフトバンク回線の2つがあります。

もしかすると利用している端末でそれぞれのプラチナバンドに対応しておらず、圏外の状態が続いている可能性も。

ドコモ回線の場合、ドコモの通信網。ソフトバンク回線の場合、ソフトバンクの通信網に対応している必要があります。

端末を再起動する

APN設定を行った後は、基本的に端末を再起動しないと繋がりません。

詳細は不明ですが、再起動後に繋がる人がほとんどです。

まだAPNを設定して端末を再起動していないという場合は試して下さい。

LINEモバイルのAPN設定まとめ

以上、LINEモバイルのAPN設定を実機を用いてiPhone、Androidで紹介してきました。

余談ですが、最近のSIMフリーAndroidスマホの場合、APN設定は自動的に行われていることが多いです。私が今回検証に使ったAndroid One X3ではドコモ、ソフトバンクのSIM両方でAPNの設定が最初からされていました。

-LINEモバイル
-,

Copyright© クチシム , 2018 All Rights Reserved.